その勝利は、日本サッカー飛躍の原点だった。南米の強豪・アルゼンチンに、自国開催のプライドを懸けて挑んだ90分。周囲の予想を覆した逆転劇は、当時まるで人気のなかったマイナー競技が、発展する契機となった。大金星を挙げた代表には、広島高師付中(現広島大付高)出身の長沼健監督(故人)を含む広島ゆかりの6人がいた。

...    
<記事全文を読む>