昨年12月のグランプリ(GP)ファイナルで初出場初優勝を果たし、全日本選手権2位の紀平梨花(関大KFSC)が、名古屋市内でインタビューに答えた。トリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を武器にシニア参戦1年目から活躍する16歳が、世界選手権(3月、さいたま市)への抱負などを語った。

 (聞き手・平井良信)

 -躍進した今季の前半戦を振り返って。

 「思っていた以上の成績を残せた。悪い状態でも試合でいい演技のできるメンタルに持っていったり、気持ちのつくり方のこつがつかめた。全日本は本当にハイレベルで、2位でまた頑張りたい気持ちになった」

 -今年の抱負を漢字...    
<記事全文を読む>