飛騨特別支援学校(高山市山田町)3年の嶋田桃子さん(17)が、昨年11月に福井県で開催された全国障害者スポーツ大会で、陸上競技2種目の金メダルを獲得した。嶋田さんは「家族や先生、友達が応援してくれたからこそ残せた結果。自己ベストも更新できたのでうれしい」と喜んでいる。

 県代表として女子100メートルと女子走り幅跳び、男女混合400メートルリレーの三種目に出場。100メートルでは14秒14、走り幅跳びでは4メートル34の記録で、それぞれ金メダルに輝いた。

 陸上を始めたのは同校の高等部に進学してから。体力づくりのために陸上部に入部し、学校のグラウンドで週三回、練...    
<記事全文を読む>