日本プロゴルフ殿堂は23日、新たに殿堂入りする4人の顕彰者を発表し、プレーヤー部門で男子ツアー歴代3位の通算48勝を挙げて4度の賞金王に輝いた中嶋常幸(64)=群馬県桐生市出身=が選ばれた。青木功、尾崎将司とともにAON時代を築いて日本にゴルフブームを到来させた。中嶋は「自分が選ばれるとは夢にも思わなかった。今後もゴルフ界発展のためにまい進したい」とコメントした。顕彰の式典は3月に行われる。

 中嶋は10歳からゴルフを始め、父の巌さん(故人)から英才教育を受けて力をつけた。樹徳高を中退後、1973年日本アマで当時最年少の18歳で優勝。「優勝後は父からさらに厳しい練...    
<記事全文を読む>