2020年東京五輪のマラソン代表を決める「グランドチャンピオンシップ(MGC)」(9月15日・東京)の出場権を懸けた争いが佳境を迎える。男子では中国地方の実業団ランナーが2月3日の別府大分毎日から本格参戦。山本憲二(マツダ)、岡本直己(中国電力)に続く進出に期待がかかる。

...    
<記事全文を読む>