2020年東京五輪マラソン代表選考会「グランドチャンピオンシップ(MGC)」(9月)の出場権が懸かる大阪国際女子マラソンは27日、大阪市のヤンマースタジアム長居発着で行われ、既にMGC出場権を持っていた小原怜(天満屋)が2時間25分46秒で日本勢最高の2位に入った。

 レースは36キロ付近から小原とファツマ・サド(エチオピア)の一騎打ちとなり、38キロすぎで抜け出したサドを小原は捉えることができなかった。初優勝したサドのタイムは2時間25分39秒。中野円花(ノーリツ)が終盤に追い上げて4位となり、新たにMGC出場権を獲得した。

 16年リオデ...    
<記事全文を読む>