第24回全国都道府県対抗男子駅伝は20日、広島市平和記念公園前発着の7区間、48キロで行われ、神奈川は2時間21分31秒の10位で、7位だった前回に続く2年連続の入賞には届かなかった。

 神奈川はトップと25秒差の18位でたすきを受けた3区館沢(東海大)が、16人を抜く区間2位の快走でチームは一時2位まで上がった。4区以降の力石(鎌倉学園高)、内田(法政二高)、湯野川(綾北中)も力走して4位でたすきをつないだが、最終7区で失速し順位を落とした。

...    
<記事全文を読む>