第24回全国都道府県対抗男子駅伝は20日、広島市の平和記念公園前を発着点とする7区間48キロで行われ、群馬は2時間20分18秒で過去最高の2位に入った。入賞は6年連続。

 主将の3区塩尻和也選手(順天堂大、伊勢崎清明高出身)が学生トップランナーの底力を示し、8人抜きの区間賞で首位に立ち、群馬がレースをリードした。順位を一つ下げた直後、中学生区間の6区堀口花道選手(甘楽中)が区間賞の快走で再びトップに浮上。アンカー7区で福島にかわされたものの、2014年の3位を上回った。

 群馬は着実に力を蓄え、同年から3位、4位、7位、6位、5位と5年連続入...    
<記事全文を読む>