第24回全国都道府県対抗男子駅伝は20日、広島市平和記念公園前発着の7区間、48キロで争われる。19日は同市内で開会式が行われた。各チームのオーダーも発表され、4年ぶりの入賞を狙う兵庫は、箱根駅伝初優勝に貢献した西川雄一朗(東海大)が3区を担い、同じく箱根駅伝で好走した堀尾謙介(中大、ともに須磨学園高出)をアンカーに置いた。

...    
<記事全文を読む>