第24回全国都道府県対抗男子駅伝が20日、広島市の平和記念公園前発着の7区間、48キロで開催される。県チームは全国高校駅伝に出場した仙台育英高メンバーを軸に編成。前年の37位からの巻き返しを期し、勢いがある若い力で10位台を目指す。

 仙台育英高からは吉居、喜早、金田の3人が選ばれた。前回大会で4区を担った喜早は「ペース配分やラストスパートのかけ方がうまくなった。積極的な走りで貢献する」と意気込む。
 昨年の福井国体少年男子A5000メートルで4位入賞を果たした児玉(東北高)にも期待が集まる。「全国トップクラスの能力がある」と中村監督が話す逸材。児玉は「自分がチー...    
<記事全文を読む>