第24回全国都道府県対抗男子駅伝競走大会は20日、広島・平和記念公園前を発着点とする7区間48キロで行われる。本県は2年ぶりの入賞を目標に掲げる。
 チーム内の合言葉は「メダルを目指そう」。出場予定選手の記録から算出した都道府県ランキングは11位だが、清監督(藤枝明誠高教)は「あくまでランキング。前と後ろは僅差。上回れる」と自信をのぞかせる。
 上位進出に向け、序盤で流れをつかみたい。1区(7キロ)は全国高校駅伝で1区14位の小沢(韮山高)が有力。小沢は昨年、選手登録されながら補欠に回った。「走れなかった悔しさを今年につなげ、自分の力を出し切りたい」。4位入賞に貢献...    
<記事全文を読む>