第37回全国都道府県対抗女子駅伝競走大会(日本陸上競技連盟主催)が13日、京都市の西京極総合運動公園陸上競技場を発着点に9区間42・195キロのコースで開かれ、和歌山県は2時間23分で23位だった。

 和歌山県は、1区を神島高校出身の橋本奈津さん(京都産業大学3年)、2区を神島高出身の山本明日香さん(大阪芸術大3年)、8区を田辺中学校2年の大江咲歩さんが走った。目標の20位以内と県記録の更新は達成できなかったが、昨年の37位を大幅に上回った。

 県代表の記録は次の通り。かっこ内は区間記録と区間順位、かっこ外はチーム順位。

<記事全文を読む>