皇后杯第37回全国都道府県対抗女子駅伝は13日、京都市の西京極陸上競技場を発着点とする9区間、42・195キロのコースであり、愛知が2時間15分43秒で3年ぶり2度目の優勝を飾った。中国勢は岡山の10位が最高で、3年ぶりに入賞を逃した。

 1区を9位で発進した愛知は2区藤中(光ケ丘女高)の区間賞の快走でトップに浮上。以後も上位をキープし、9区でアンカー鈴木(日本郵政グループ)が京都を逆転して頂点に立った。3位に大阪、2連覇を狙った兵庫は4位に入った。

 岡山は2区西脇(天満屋)が区間賞で5位に浮上したものの、以降は徐々に後退した。広島は1区から安定したレース運び...    
<記事全文を読む>