全国都道府県対抗女子駅伝は十三日、京都市の西京極陸上競技場を発着とする九区間42・195キロのコースであり、県代表チームは2時間24分11秒で三十位だった。二〇〇五年以来の二十位台は逃したが、昨年より三つ順位を上げた。

 1区(6キロ)は三年連続で任された五島莉乃選手(星稜高出身、中央大三年)が先頭と16秒差の七位でつなぎ、2区(4キロ)の川本希花選手(遊学館高出身、ユニクロ)、3区の示野悠奈選手(七尾市七尾中二年)も十位台を維持した。

 高校生が続いた4区以降は徐々に順位を落とし、二十九位で9区(10キロ)の猿見田裕香選手(金沢市西南部中出身、ユニバーサルエン...    
<記事全文を読む>