第37回全国都道府県対抗女子駅伝は13日、京都市の西京極陸上競技場発着の9区間、42・195キロで行われ、三重は2時間24分18秒の33位でゴールした。

1区で35位と出遅れた。区間17位の3区澤井風月(嬉野中)、区間15位の藤田愛子(白鴎大)=四日市商高出=らの健闘で通過順位を一時28位に上げた後も再び30位台で推移する苦しいレース展開となった。

今年の県チームは、24歳の1区池内彩乃(デンソー)が最年長。実力選手を県外から呼ぶふるさと選手制度活用も見送り、若手中心で20位台のゴールを目指していた。

山本顕監督(宇治山田高教)は「序盤で勢いに乗れず...    
<記事全文を読む>