第37回全国都道府県対抗女子駅伝は13日、京都市の西京極陸上競技場発着の9区間、42・195キロで行われ、愛知が2時間15分43秒で、2016年以来3年ぶり2度目の優勝を果たした。
 静岡は2時間18分38秒の8位で2年ぶり8回目の入賞に食い込んだ。1、2区で7位と好位置に付け、3区米沢奈々香(浜松北浜中)が2年連続区間2位と快走。4人抜きで一度は3位に浮上した。その後は順位を落としたが、6、7区の高校生が粘り強く走り上位をキープ。9位でたすきを受けた8区細谷愛子(静岡東中)は区間4位の好走で8位に上げた。
 
 ◇静岡県勢の区間記録◇
 (区、...    
<記事全文を読む>