「昨年よりも一つでも上の順位、1秒でも早いタイムを目指す」。本県の阿部縁(ゆかり)監督(桃陵中教)は目標を口にした。

 けが人が出たため、どの区間を誰が走るか、直前まで調整した。昨年と同様に、1区を走る予定だった主将の小沢夏美(日立、田村高卒)は数日前にアンカーに回ることが決まった。

...    
<記事全文を読む>