第37回全国都道府県対抗女子駅伝(13日、西京極陸上競技場発着)の登録選手が8日に発表された。3年ぶりの入賞を目指す群馬は全日本実業団対抗選手権女子1万メートル3位の岡本春美(三井住友海上、常磐高出身)や全日本大学女子選抜駅伝3区区間賞の樺沢和佳奈(慶大、常磐高出身)、昨年に中学生区間の3区で2年連続区間賞に輝いた不破聖衣来(健大高崎高)ら力のある選手が名を連ねた。

 ヤマダ電機からは入部3年目の森本紗和がエントリー。高校生は不破のほか、昨年8区で2人を抜いた増田優菜(健大高崎)や阿部知宙(前橋女)、全国高校駅伝を経験した常磐から飯嶋優羽、阪下玖瑠美、松崎愛、星野輝麗が入っ...    
<記事全文を読む>