1日に群馬県内で開かれた全日本実業団対抗駅伝(ニューイヤー駅伝)で、兵庫県三木市出身の延藤潤選手(27)=マツダ=が3区(13・6キロ)で15人抜きの快走を見せた。チームは前年の28位から7位に躍進し、旧東洋工業以来43年ぶりに8位以内の入賞。延藤選手は「駅伝の醍醐味を味わい、ここまで楽しめた大会は久しぶり」と晴れやかに話した。(井川朋宏)

 延藤選手は自由が丘中学校、三木高校から東洋大を経て、実業団1年目だった2015年の同駅伝で1区30位。3年ぶりに出場した18年は3区16位だった。

 今回は23位でたすきを受け、序盤2キロは青山学...    
<記事全文を読む>