第95回東京箱根間往復大学駅伝(箱根駅伝)最終日は3日、神奈川・箱根町から東京・大手町までの5区間109.6キロに23チームが参加して復路が行われ、往路2位の東海大が10時間52分9秒の大会新記録で初の総合優勝を果たした。

 往路20位の上武大は一斉スタートの6区から区間20位台が続いた。6区佐々木が区間22位で総合順位を21位に落とすと、8区岩崎も区間22位。総合順位は最下位に沈み、9区で繰り上げスタート、たすきが途切れた。9、10区でも力及ばず、復路、総合ともに最下位。

...    
<記事全文を読む>