第29回ぎふ元旦マラソン大会が1日朝、岐阜市長良福光の長良川公園を発着点に開かれた。澄み渡る元日の青空の下、県内外のランナー約560人が亥(い)年の走り初めを楽しんだ。

 着順やタイムを競わず思い思いのペースで走る大会で、長良川右岸の10キロ、5キロの2部門で行った。北海道から沖縄県までの3~91歳のランナーがエントリーした。

 亥年にちなんでイノシシのコスプレをした参加者もおり、会場は和やかな雰囲気。参加者は河畔の景色を楽しみながら爽やかな汗を流し、一年の好スタートを切っていた。

 大会は、NPO法人ぎふ長良川走ろう会(高橋睦理事長)と岐阜新聞社、...    
<記事全文を読む>