バスケットボール男子Bリーグ1部は9試合を行い、東地区最下位のレバンガ北海道は同3位のA東京に52―82で大敗し、今季2度目の7連敗。通算8勝28敗で東地区順位は変わらないが、全18チームでは勝率で滋賀に追いつかれ、得失点差で最下位に沈んだ。

 レバンガは8点を追う第2クオーターに一時同点に追いついたが、シュートミスやターンオーバーで流れを手放し、後半は攻守に圧倒された。

 レバンガは次節の2月2、3日、滋賀県のウカルちゃんアリーナで西地区6位の滋賀と対戦する。

...    
<記事全文を読む>