プロバスケットボールBリーグ1部の琉球ゴールデンキングスは23日、沖縄市体育館で滋賀レイクスターズと今季第33戦を行い、55―65で敗れた。通算成績は23勝10敗。同日は琉球新報社の冠試合として行われた。ゾーン守備で内を固める滋賀に対して、キングスは外のシュートで攻めたがなかなか決まらず、逆に守備では相手外国人選手の個人技で失点を許した。この悪い流れをゲーム全体で変えられず、やや盛り上がりに欠けた試合で敗れた。次戦は26日、愛知県のウィングアリーナ刈谷でシーホース三河と戦う。

 (沖縄市体育館、3260人)
滋賀(7勝26敗)
 65―55(11―10,...    
<記事全文を読む>