バスケットボール男子Bリーグ2部(B2)西地区3位の島根スサノオマジックは18日、ホームの鹿島総合体育館で第32戦を行い、東地区2位の茨城ロボッツを86-78で下した。通算成績は22勝10敗。

 西地区首位の広島ドラゴンフライズ、2位の熊本ヴォルターズがともに勝ったため、ゲーム差は変わらない。

 島根は前半、激しい守備で主導権を握って大きくリード。後半に追い上げられ、何とか逃げ切った。

 第33戦は19日午後2時、同体育館で茨城と対戦する。

...    
<記事全文を読む>