プロバスケットボールBリーグ1部の琉球ゴールデンキングスは16日、福岡県の照葉積水ハウスアリーナ(福岡市総合体育館)でライジングゼファー福岡と今季32戦を行い、74―64で勝利した。通算成績は23勝9敗。互いの堅守が決まる中、キングスは岸本隆一、古川孝敏の3点弾で突き放そうとするが、福岡もインサイドと外角弾が決まり、32―30と引き離せずに折り返す。後半に入るとこの日加入したケビン・ジョーンズがインサイドの起点となると並里成のアシストも決まり、得点を重ねて逃げ切った。次戦は23日、沖縄市体育館で滋賀レイクスターズと対戦する。

(照葉積水ハウスアリーナ...    
<記事全文を読む>