バスケットボール男子のBリーグ3部(B3)レギュラーシーズンは13日、愛知県あま市の甚目寺総合体育館などで5試合が行われ、岩手ビッグブルズは豊田合成に67-88で敗れ、連敗は2桁の10に達した。通算成績は2勝16敗で9位。

 岩手は10-24で迎えた第2クオーター、SG永田晃司の6連続を含む12連続得点などで反撃したが、後半は点差を広げられた。SG藤江建典主将ら4人が2桁得点を挙げた。

 岩手は19日、鹿児島市の鹿児島アリーナで7位の鹿児島と対戦する。

...    
<記事全文を読む>