バスケットボール男子のBリーグ2部は第16節最終日の6日、各地で9試合が行われた。東地区のパスラボ山形ワイヴァンズは天童市の県総合運動公園アリーナで青森(同地区)と対戦し、77-52で勝利して連敗を5で止めた。通算成績は13勝17敗で、順位は変わらず5位。

 山形は高松勇介、中島良史、古橋広樹、ウィル・ヘンリー、チュクゥディエベレ・マドゥアバムが先発した。前半は互いに得点が伸び悩み、28-24のロースコアで終えた。第3クオーター(Q)、ファウルが重なった相手主力外国人選手がベンチに下がったのを機に、マドゥアバムとヘンリーがそれぞれ2桁得点と爆発。第4Qも攻撃の手を...    
<記事全文を読む>