プロバスケットボールB1の第18節は6日、各会場で8試合を行い、東地区2位のブレックスは東京都の駒沢オリンピック公園総合運動場体育館でA東京と対戦し、63-62で競り勝った。通算成績は25勝6敗で、順位は東地区2位のまま。

 試合は序盤から守り合いの展開。ブレックスは第1クオーター(Q)序盤から徹底したインサイドの守りで対抗したが、得点も伸ばせない。第2Q序盤には渡辺裕規(わたなべひろのり)の3点シュートなどで逆転したものの相手の厳しいマークで攻めどころを失い、前半を26-33で折り返した。

 それでも第3Qは相手をわずか11得点に抑える好守備でリズムを取り戻す...    
<記事全文を読む>