男子のBリーグ1部(B1)、北海道でチーム運営会社代表を兼任する折茂武彦(48)が5日、愛知県刈谷市のウィングアリーナ刈谷で行われた三河戦で国内トップリーグ史上3人目となる通算1万得点を達成した。日本出身選手で初。現役最年長の折茂は2017年からBリーグ理事も務める。

 

 残り6点で迎えたこの日は第4クオーターにシュートを決めるなど6得点し、通算得点を1万とした。試合後のセレモニーでは花束を贈られて両チームのファンから歓声を浴び「今まで支えてくれた方々のおかげだと感謝している」と語った。試合は59-69で敗れた。折茂は埼玉栄高から日本大を経て1993年、トヨタ自動車(現A東...    
<記事全文を読む>