バスケットボール男子Bリーグ1部・レバンガ北海道の折茂武彦選手(48)が5日、愛知県のウィングアリーナ刈谷で行われた三河戦で国内トップリーグ通算1万得点を達成した。史上3人目、日本出身選手では初の快挙。

 第4クオーターに2点シュートを決めて到達した。折茂選手は4日の三河戦終了時点で大台まで残り6得点に迫っていた。試合はレバンガが59対69で敗れ、2連敗で通算成績は8勝23敗。

 Bリーグ現役最年長の折茂選手は埼玉栄高から日本大を経て1993年、トヨタ自動車(現アルバルク東京)に入団。日本代表でもプレーした。2007年に移籍したレバンガではチーム運営会社の代表も...    
<記事全文を読む>