サッカー元日本代表で日本障がい者サッカー連盟会長の北澤豪さんが久喜市の菖蒲文化会館アミーゴで講演し、障害者サッカーの取り組みや共生社会の実現に向けて思いを語った。

 講演は障害がある子どもたちを対象に、放課後デイサービスなどを提供するくき学園が開いた。北澤さんは同連盟会長として、障害者サッカーの普及を呼び掛けている。

 講演で北澤さんは、プロ選手になるまでの生い立ちを振り返った。時間を無駄に使わないなど、夢を実現するための教訓を示し「夢を追いかけるなら、一瞬一瞬が大事。今を大切にしたい」と説いた。

 北澤さんは連盟に所属する電動車いすサッカーやデフサ...    
<記事全文を読む>