不動の守護神としてサガン鳥栖を2年間支え、アジア・カップで日本代表の正GKを担っている権田修一(29)が、ポルトガル1部リーグのポルティモネンセへ移籍することが28日、分かった。関係者によると、既に基本合意に達しており近日中に発表される。

 権田はアジア・カップの開幕前、12月末に同クラブから獲得の打診を受けていることを明らかにしていた。

 2009年にFC東京でデビュー。16年にSVホルン(オーストリア)へ期限付き移籍し、17年に鳥栖に加入した。2年目の昨季はチームで唯一リーグ戦全試合にフル出場。リーグで2番目に少ない34失点に抑え、J1残留に大きく貢献した。...    
<記事全文を読む>