J2徳島ヴォルティスは27日、宮崎市の県総合運動公園ラグビー場で、金沢と2次キャンプ最初の練習試合(30分4回)を行い、2-0で勝利した。

 1回目の25分、左サイドでパスを受けた藤原が中央へ切り込んでミドルシュートを放ち、ゴール右隅に先制点。3回目の21分には、相手陣内中央付近のFKのチャンスでFW清武が直接決めた。

 徳島は前線からのプレスを積極的に仕掛け、サイドチェンジやショートパスの交換などから攻撃の形はつくったが、決定機は多くなかった。逆にカウンターで攻め込まれる場面があり、前半はバイス、後半は内田航らがカバーするなどして無失点に抑えた。

...    
<記事全文を読む>