左足から出す高精度のパスと相手守備をかわす動きに優れた若手の注目株。元日本代表の中村(現磐田)から続く横浜Mのレフティーの系譜をつなぐ逸材が、小学生から下部組織で育った古巣を初めて離れた。
 熱心に誘った渡辺監督ですら「無理かと思ったが、来てくれて正直驚いた」と言うほどの決断。「選手として成長することを考えた」と高みを見据える。
 2年目の昨季はリーグ戦6試合に出場。デビューを果たした昨年3月の浦和戦で決勝ゴールに絡む活躍を見せた。YBCルヴァン・カップでは同じ組だった仙台とも対戦。華麗なプレーで、渡辺監督に「こんな良い選手がいるのかと思った」と強い印象を残した。<...    
<記事全文を読む>