サッカーJ1松本山雅FCのサポーター組織「ウルトラスマツモト(UM)」と「池いけ山雅倶楽部」は27日、新加入選手を応援する横断幕の作成会を北安曇郡池田町の町総合体育館で開き、約40人が参加した。J1での奮闘に期待を込め、縦1メートル、横3・3メートルの布にはけや筆で丁寧にペンキを塗った。

 この日は新加入14人のうち、レアンドロペレイラ、エドゥアルド、那須川将大、山本龍平の4選手の横断幕を作成。チームカラーの緑や白、黒の布を基に、UMメンバーが選手の特徴や性格などを踏まえてデザインした。

 DFエドゥアルド選手の横断幕は、名前の上に金色の剣を...    
<記事全文を読む>