J2徳島ヴォルティスは27日午前11時半から、宮崎市の県総合運動公園ラグビー場で、金沢と練習試合を行う。2次キャンプ最初の試合を前に、26日はセットプレーなどを重点的に練習した。

 攻守の2班に分け、キッカーを変えながらCKやFKを試した。DFのバイスは高さを発揮して手堅くクリア。攻撃側もMFチャキットやFW清武らがこぼれ球に素早く反応した。セットプレー以外にも2班で実戦的なミニゲームを行い、ボールの運び方や連係を繰り返し確認した。

 MF小西はFKでキッカーを務めたが決定機をつくれず、「まだまだ精度が足りない」と反省。連係についても「組み立てで共通意識はできて...    
<記事全文を読む>