サッカーJリーグ1部(J1)清水エスパルスは26日、静岡市清水区の清水魚町稲荷神社で必勝祈願を行った。大勢のサポーターが見守る中、左伴繁雄社長やヤン・ヨンソン監督、選手らが今季の飛躍を誓った。
 選手を乗せたバスは、サポーターのサンバ隊に先導されて神社に到着。玉串をささげ、だるまに墨を入れた。ヨンソン監督は「さらに成長を遂げ、チーム一丸となって試合に臨みたい」とあいさつ。昨季に続き、チーム主将を務める竹内涼選手は「『5位以上』という目標に向かって昨季以上に熱い1年を皆さんと過ごしたい」と決意を述べた。
 必勝祈願の後は同区のエスパルスドリームプラザでファン感謝デーを...    
<記事全文を読む>