女子サッカーなでしこリーグ1部の伊賀FCくノ一は26日、拠点の伊賀市で2019年新体制発表会と新入団記者会見を開いた。男子元日本代表の大嶽直人監督が就任2季目の今季は、専従のゼネラルマネジャー(GM)を新たに設け、INAC神戸レオネッサ、熊本ルネサンスなどでGMを歴任した山下恭典氏が就任した。2季ぶりの1部参戦に向け、柘植満博代表は「1年目からAクラス入りを目指し一致団結して戦う。運営面でも一流のチームになる」と決意表明した。

今年のチームスローガンは「限界突破」。前への推進力を武器に、昨年なでしこリーグ2部、なでしこリーグカップ2部、国体の三冠を実現した大嶽監督は「厳しい...    
<記事全文を読む>