サッカーJ1松本山雅FCは26日、1次キャンプ地の千葉県東金市で今季初の練習試合に臨んだ。会場の東金アリーナにはサポーター約500人が駆けつけて熱い視線を送り、「今季は攻撃も期待できる」「開幕が楽しみ」と声が上がった。

 地元の城西国際大を相手に30分を3回行い、山雅が得点を重ねる度に、防寒着に身を包んだサポーターは「鮮やか」「いいね」と歓声。山雅が計4―0で勝ち、試合後、スタンドにあいさつに来た選手たちに「頑張れ」と声援や大きな拍手を送った。

 選手はこの日、さまざまな境界線を越えていくという意味を込めて新調されたボーダー柄のホーム用ユニホームでプレー。諏訪郡...    
<記事全文を読む>