J1磐田の鹿児島キャンプ出発に合わせ、磐田市は25日、今季の激励会を市役所で開いた。
 大勢のサポーターや市職員らが詰め掛け、チームを激励した。渡部修市長が「ホーム開幕戦も含め、一年間、ファンを驚かせる大活躍を見せてほしい」とエールを送ると、名波浩監督は「昨シーズンの悔しさを晴らすべく体力づくり、チームづくりに全力を尽くす」と決意を語った。
 運営会社ジュビロの小野勝社長と名波監督、桜内渚チーム主将に、ジュビロ磐田ホームタウン推進協議会の河島直明会長らが花束を手渡した。
 バスに乗り込み出発する選手らに、市民からは「頑張って」と盛んに声援が飛んだ。

...    
<記事全文を読む>