サッカーJ1仙台を運営するベガルタ仙台は24日、仙台市青葉区の漁信基ビルで取締役会を開き、2019年度(2月~2020年1月)予算案を承認した。18年度決算見通しが2年ぶりに赤字となる中、選手人件費などを含むJ1仙台の強化費は増やした。
 収入総額は29億9600万円。18年度決算見通し比3億1200万円増で、30億円の大台に近づけた。広告協賛金の増加に重点を置き、今月1日に営業推進室を設置。県内にとどまらず、全国でスポンサー獲得を目指す。入場料収入は、若年層への年間チケット販売の強化などにより増額を見込む。
 支出総額は29億9400万円。昨季リーグ戦11位だった...    
<記事全文を読む>