J2徳島ヴォルティスは23日、宮崎市の宮崎県総合運動公園ラグビー場で2次キャンプの練習を開始した。午前はフィジカル、午後は戦術面を中心に、1次キャンプで積み残した課題の修正に取り組むなど、初日から充実した内容で汗を流した。

 

 別メニューとなったDF石井やMFシシーニョら5人を除く選手たちは午前中、筋力や持久力を養成するサーキット練習を行い、バックステップやジャンプなど10種類の動きを順次こなした。午後からは相手のカウンター攻撃などを想定し、ミニゲームで状況に応じた守備陣形を試した。

 両サイドからの崩し方やミドルシュートの意識について「(1次キャンプでは)足り...    
<記事全文を読む>