「皆さんと一緒に、FC岐阜を今年も盛り上げたい」。昨季、惜しまれつつも現役を引退した難波宏明さん(36)が、元選手では初めて、サッカーJ2・FC岐阜アンバサダーに就任した。何度もチームを救うゴールを決め、明るい笑顔と温かみのあるファンサービスで、サポーターから高い人気を誇ってきた難波さん。再び岐阜を上昇気流へと導く覚悟で満ちあふれている。

 岡山県出身で、2001年にJ1神戸に入団した難波さん。いったんはプロの道を閉ざされたが、流通経済大に進学後、06年にJ2横浜FCでプロのキャリアを再スタート。14年にFC岐阜へ加入し、15年には12得点を挙げてチームMVPを獲得し、17...    
<記事全文を読む>