◆アジア杯決勝トーナメント1回戦:日本1-0サウジアラビア(21日=UAE・シャルジャ)

 2大会ぶりの優勝を目指す日本は20歳のDF冨安健洋(シントトロイデン)の国際Aマッチ初ゴールでサウジアラビアを破り、ベスト8進出を決めた。

 前半20分、この試合最初のCKに頭で合わせて押し込んだ。20歳77日での得点はプロが出場するようになった92年大会以降、日本代表の大会最年少ゴール。今大会1次リーグ初戦で同学年のMF堂安がつくった20歳207日の記録をさらに塗り替えた。

 ボランチとセンターバックを兼務できる器用な冨安が苦手と自覚するのがヘディングだ。1...    
<記事全文を読む>