まばゆいJ1の舞台へ戻ろう。新スローガン「一陽来復」を掲げ、徳島ヴォルティスの新たな挑戦が始まった。3季目のロドリゲス監督の下、2019年シーズンに臨むのは約半数が入れ替わった32人の「青い戦士」たち。20日まで行われた高知キャンプで精力的にトレーニングをこなし、持ち前の「攻撃サッカー」に磨きを掛けた。

 徳島は昨年、リーグ11位と大きな挫折を味わった。相次いだ選手のけがや移籍流出で戦力ダウン。夏以降はウタカなど外国人FWの補強で盛り返したが、最終盤は6連敗を含めて9戦連続勝利なしに終わるなど苦しみ抜いた。

 選手、気概、チームとしてのまとまり、アイデンティティ...    
<記事全文を読む>