2018年のワールドカップ(W杯)ロシア大会に初出場したアイスランド。同国サッカー協会で指導者養成を担当するグンナーソン・アルナール・ビルさんがこのほど、高知市で行われたフットボールカンファレンスで取り組みを報告した。要旨は次の通り。(井上真一)
 
 アイスランドのサッカー協会(FA)は小さいです。人数も少ない。代表のスタッフは、16年のユーロ選手権に初出場するまで、フルタイムのコーチはいませんでしたから。

 
 
手厚い行政支援
 国の人口は35万人足らず。1番人気のスポーツはサッカーです。協会の登録選手は2万5571人で国内にプロリ...    
<記事全文を読む>