J2ファジアーノ岡山が7日間の日程で行っている沖縄キャンプは20日で折り返し。今シーズンからチームを率いる有馬賢二監督の下、トレーニングは熱を帯びている。

 練習拠点はリゾートホテルが立ち並ぶ本島中部・恩納村の赤間総合運動公園。小高い山の中腹にあるピッチは眼下に海が広がり、時折、暖かな心地よい風が頬をなでる。

 8年ぶりとなる沖縄キャンプの目的は体づくり。連日、選手たちは徹底的に走って自らを追い込み、筋肉トレーニングにも余念がない。ボールを使ったメニューでは判断力の向上を図っている。

 「ここで1年間を戦い抜くベースをつ...    
<記事全文を読む>