今年も鮮やかな緑の芝が仙台イレブンを迎えた。14日から1次キャンプを張る沖縄県糸満市の西崎運動公園陸上競技場。ピッチを管理する同市体育協会の波平聖(なみひら・きよし)さん(43)が約1カ月かけて整備した。「今回は天候に恵まれ、生育が良かった」と目を細める。
 根気強い作業の連続。キャンプ開始から逆算して一般の利用を制限し、芝の養生に努める。選手の動きに目を凝らし、剥がれたり傷んだりした部分を確認。練習の合間も芝刈りや散水などで忙しい。「一般の利用制限は心苦しいが、県外から調整に来る選手たちが負傷するのが一番怖い」と思いを語る。
 芝作りに情熱を傾けるのは、プロチーム...    
<記事全文を読む>