サッカー国内最高峰リーグのJ1で10季のプレー経験がある赤嶺真吾(35)=小禄中―鹿児島実業高―駒澤大出=はことし、J2のファジアーノ岡山で4季目を迎える。昨季は36試合に出場したものの、けがが続き2得点にとどまった。17日から恩納村で始まった地元沖縄のキャンプでコンディションを整え、豊富な経験と難しい局面でチームを勝利に導く“ゴールへの嗅覚”を武器に、J1昇格を虎視眈々(たんたん)と狙う。
 (喜屋武研伍)

 駒澤大を卒業後、2006年にFC東京でプロデビューした。10年8月に移籍したベガルタ仙台では徐々に頭角を現...    
<記事全文を読む>