昨季、ブラジル1部リーグで2桁得点をマークした大型FW。チームへの合流が遅れていたが、17日から全体練習に加わり、「早くコンディションを上げていきたい」と精力的に体を動かした。得点力不足が課題の松本山雅にとって、攻撃陣の柱にとの期待が懸かる。
 190センチ、76キロの高さを生かし、「一番の強みはヘディング」。一方、ボールを収めたり左右どちらの足でも巧みにシュートを打ったりする技術もあり、獲得に向けて試合映像を見た反町監督は「万能型」と話す。
 今季に向け、Jリーグを含めブラジル国内外の複数のクラブからオファーがあったというが、「下から上がってきた歴史があり、プロジ...    
<記事全文を読む>